プロフィール

森の五重奏団プロフィール

森の五重奏団・森の合奏団のメンバーは国内外の音楽大学を卒業し現場で活躍する演奏家で構成されています。

2016年クラリネット奏者大藤豪一郎(おおとう ごういちろう)を中心に結成。
日本全国でホール公演やスクールコンサートを中心に活動。文化庁派遣事業では毎年各地で好評を博しており、近年では毎年100を超える公演を行っている。姉妹団体の「風の五重奏団」とともに木管五重奏を中心としたプログラム開発や演奏家同士の交流も積極的に行い、木管アンサンブルの発展に積極的に寄与している。

2018年5月5日芸術体験ひろば「森の五重奏団おしゃべりコンサート」に出演。
2020年コロナ禍での東京都の助成事業「アートにエールを!東京プロジェクト」にてジブリの歌姫・井上あずみさんを招いてのリモート共演の「さんぽ」と福田洋介作曲「さくらのうた」木管五重奏版のMVが掲載される。同年7月、東京のスタジオと屋久島・口永良部島の小中学校の音楽室をオンラインでつないだ「双方向リモート演奏会」を開催、MBC南日本放送・NHK鹿児島にて放映され、管楽器専門誌「THE FLUTE」と「THE CLARINET」Onlineにその様子が掲載された。管楽器専門誌パイパーズ【PIPERS】2020年9月号には森の五重奏団の特集ページが組まれた。

2020年10月には森のコンサートシリーズとして様々な分野のゲストを迎え、メディア芸術と音楽、歌手との音楽歌物語などの公演を行う。朗読家の原きよさんとの共演で朗読と音楽物語の演目にも力を入れている。

2021年10月にはトッパンホールにて木管アンサンブルの響きと題したリサイタルを開催した。

森の五重奏団・森の合奏団2018-2022シーズンメンバー(五十音順)

フルート:

池田美紀、兼間達郎、黒田聰、白石法久、だてかよこ、長堀美佳、幅絵理香

オーボエ:

桜田昌子、田渕哲也、戸田智子、弘瀬麻子、松浦京子

クラリネット:

大藤豪一郎、武田弘、西尾郁子

ファゴット:

磯崎政徳、中澤美紀、中田小弥香

ホルン:

伊東輝道、小川正毅、月原義行、二宮聡美

森のテオリアプロフィール

2020年10月に音楽歌物語「木馬がのった白い船」(立原えりか原作・木村哲郎作曲)の公演をきっかけに翌2021年8月に作曲家の木村哲郎・歌い手の中馬美和・クラリネット奏者の大藤豪一郎を中心に、「日本語オペラ」や「うた物語」の公演を行う団体として設立、日本語オペラのワークショップなどを開始。森の五重奏団とのコラボレーションで3人の歌い手と3人のオーケストラ(ピアノ+木管楽器)での日本語の「ことば」と歌、物語と音楽などの可能性を探る。

2020年10月「木馬がのった白い船」の公演の様子